スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<パトカー事故>追跡中に高2女子はねる 大阪・岸和田(毎日新聞)

 7日午後11時半ごろ、大阪府岸和田市作才町の国道26号交差点で、信号無視の原付きバイクを追跡中のパトカーが、自転車で横断していた高校2年の女子生徒(17)をはねた。生徒は地面に転倒し、頭や手に軽傷。府警岸和田署の調べでは、運転していた巡査部長(31)は「追いかけるのに精いっぱいで、気づくのが遅れた」と話しているという。同署は自動車運転過失傷害の疑いで書類送検する方針。

 岸和田署によると、パトカーは現場の約150メートル北側で信号無視のバイクを発見。停止を求めたが逃走したため、サイレンを鳴らして赤信号の交差点に進入した際、青信号で横断してきた自転車をはねたという。バイクは逃走したままで、生徒はアルバイトから帰宅途中だった。【藤田剛】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か
交通事故:パトカーに追跡され、車が電柱に衝突 運転手軽傷−−にかほ /秋田
窃盗:事故起こし、ミニパト盗み逃走 容疑の男、現行犯逮捕−−宇都宮東署 /栃木
交通事故:逃走車と対向車衝突 4人重軽傷−−竜ケ崎の県道 /茨城
交通事故:パトカー追跡受け、軽乗用車が衝突事故−−小田原・市道交差点 /神奈川

【新・関西笑談】大阪仲間ぐらし(2)元NHK解説委員 村田幸子さん(産経新聞)
割引財源で高速道建設=使途拡大で改正法案−国交省(時事通信)
<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島(毎日新聞)
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意”(産経新聞)
定昇確保へ「不退転の決意」=連合が中央集会−春闘(時事通信)

<キャメロン監督>原爆「映画化の意思変わらず」(毎日新聞)

 広島への原爆投下などを取り上げた米作家の新刊書に事実関係の疑義が生じ、販売が中止された問題で、同書を原作とする映画の製作を表明していた映画監督、ジェームズ・キャメロン氏が、映画化の意思に変更はないとする考えを関係者に伝えていたことが分かった。同書の日本国内での著作権代理店「アウルズ・エージェンシー」(東京都)などに3日に届いた文書で「映画化の優先権を保持する」と明らかにした。

【関連記事】ジェームズ・キャメロン監督:原爆テーマ映画を構想 長崎で二重被爆者に面会

 ◇事実関係に疑義、原作が販売中止

 この新刊書は、チャールズ・ペレグリーノ氏の「ザ・ラスト・トレイン・フロム・ヒロシマ(広島からの最終列車)」で、1月に出版された。キャメロン氏は文書で、自身が監督したヒット作「アバター」で科学アドバイザーを務めたペレグリーノ氏について「被爆者へのインタビュー取材における努力は議論を差し挟む余地はない」と評価し「具体的な製作予定は確定していないが、その意思になんら変わるところはない」と記している。

 この新刊書は、広島への原爆投下の際、米軍の写真撮影機に搭乗していたという元米兵(08年死亡)の証言が虚偽ではないかと指摘され、登場人物の存在にも疑問が投げかけられたことから、出版社が今月、販売を中止した。キャメロン氏は「わずかな誤りのために、本が抹消されるのは遺憾だ」と批判した。【臺宏士】

【関連ニュース】
【関連記事】二重被爆者:山口さん、死の直前キャメロン監督らにバトン
【写真特集】ジェームズ・キャメロン:12年ぶり「アバター」 「2度泣ける」と自賛 ロンドンでプレミア
【写真特集】長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
【写真特集】原爆ドーム:被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業

官僚対象に「政策グランプリ」=提案募り11年度予算に採用−行政刷新相(時事通信)
国交省、緑ナンバーのエコカー補助金申請受付を19日から再開(レスポンス)
男児の裸撮影、保育士逮捕=「好奇心から」と供述−広島県警(時事通信)
「東国原知事、カタカナ語控えて」県議が迫る(読売新聞)
最大波発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)

1人区に全力を 渡部氏が小沢氏の選挙戦術批判(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は5日、TBS番組「時事放談」の収録で、夏の参院選の改選数2議席以上の「複数選挙区」で複数候補を擁立する小沢一郎幹事長の方針について「小沢君と全く考え方が違う。2人取れっこないところに2人立てて苦労するよりは29ある1人区に全力を尽くす。これが参議選に勝つ方法だ」と批判した。

 小沢氏の元秘書らの政治規正法違反事件に対する小沢氏の説明については「(有権者に)納得していただけないから世論調査で40%以上(幹事長を)辞めろという声が出る。絶対悪くないならば国会の場でもあらゆる場へ行って、潔白を証明すればいい」と語った。

【関連記事】
小沢氏「自民党政治では救われない」
ぶれる日本は「蚊帳の外」 米は何もしてくれない
事業仕分け第2弾、行刷相が“予防線”張る
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
民主マニフェスト検証・検討委の設置を表明 鳩山首相
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<枝野担当相>フリー記者に会見開放へ(毎日新聞)
過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相(時事通信)
強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死(産経新聞)
来年度継続の先進医療、施設基準を見直しへ(医療介護CBニュース)
箸の持ち方、どう教える 無理やりは禁物、興味を持たせて(産経新聞)

<瑞浪「いじめ」自殺>両親、遺書に名前のある生徒ら提訴へ(毎日新聞)

 岐阜県瑞浪市で06年10月、いじめをほのめかす遺書を残して自殺した市立瑞浪中学2年の少女(当時14歳)の両親は、遺書に名前のあった生徒4人と保護者に対し、来月初め、計約4100万円の損害賠償を求めて岐阜地裁多治見支部に提訴することを決めた。父親(47)は「娘の死に正面から向き合い、謝罪してほしい」と話している。

 少女は同年10月23日、同じ部活動の4人の名前を挙げ「お荷物が減るからね」などと記したメモを残し自宅で自殺した。この日は少女の誕生日だった。

 学校側は当初、「自殺につながるいじめは確認できない」としたが、一転して「ウザイ、キモイといった言葉のいじめがあった」と認め、当時の市教育長が引責辞任した。

 父親によると、名指しされた4人と保護者は当初、謝罪の意思を示していたが、08年1月以降は連絡が途絶えているという。父親は「罪の意識がなくなっているのではないか。事実をしっかり受け止めてほしい、という思いから提訴を決めた」と話している。

 父親は民法上の時効(3年)が迫った09年9月、損害賠償を請求する旨を文書で4人に通知し、時効中断の手続きを取った。2人は「いじめの事実はない」と拒否し、他の2人からは返答がないという。【三上剛輝】

【関連ニュース】
性同一性障害:深刻な相談十数件 埼玉県の学校緊急調査で
防ごう!ネットいじめ/1 子どもに広がる被害
性同一性障害:児童ら相談十数件 埼玉県、検討会議設置へ
ピア・サポート事業:中学生活の不安解消、進学予定児童が交流−−大阪・寝屋川
川崎・いじめ訴訟:276万円支払いへ 市教委、生徒の両親と示談 /神奈川

<参院選>比例に前田氏、愛知県連「寝耳に水」民主1次公認(毎日新聞)
新規技術1件を承認―高度医療評価会議(医療介護CBニュース)
緊急医療チーム派遣は当面見合わせ チリ大地震(産経新聞)
日精協の鮫島会長、3期目満了で退任へ(医療介護CBニュース)
TV出演、生活保護不正受給バレる…占い師逮捕(読売新聞)

インサイダーでテークス社の実質的経営者ら3人逮捕(産経新聞)

 東証2部上場の精密機器メーカー「テークスグループ」(神奈川県相模原市)の増資をめぐり、インサイダー取引をしたとして、大阪地検刑事部は25日、証券取引法(現・金融商品取引法)違反(インサイダー取引)の疑いで、東京の企業グループ「ワシントン・グループ」の自称社主で、テークス社の実質経営者、河野博晶被告(67)=同法違反罪などで起訴=ら3人を逮捕した。地検によると、3人とも容疑を認めているという。

 ほかに逮捕されたのは、いずれも会社役員の久次孝幸(44)と佐藤智之(47)の両容疑者。2人は河野容疑者が経営に深くかかわっている別の会社の幹部や秘書役を務めていた。

 逮捕容疑は、テークス社が平成20年9月19日付で第三者割当による約20億円の増資を行うことを決定したうえで、公表前にテークス株を買い付けた。さらに、リーマン・ショックの影響で増資断念を決めながら、公表前にテークス株を売り抜けたとしている。

 河野容疑者らは一連の取引で数千万円の利益を得たという。

 地検と証券取引等監視委員会は今後、資金の流れを解明するとともに、ほかに関与した関係者数人からも事情聴取を進める方針。

【関連記事】
ユニオンHD「黒幕」ら、インサイダー取引容疑で逮捕へ
インサイダー認める 元プルデンシャル生命社員ら
家電最大手の創業者起訴 中国、インサイダー取引などの罪で
親族の日立社員からインサイダー 金融庁が課徴金命令
「確実に儲かる」? TOB悪用のインサイダーが増加

インターネット・アカデミー
沖縄本島で震度5以上観測、99年ぶり(読売新聞)
田園都市線で飛び込み 通勤の足、約2時間半にわたり乱れ(産経新聞)
温暖化対策基本法案で環境省が素案(産経新聞)
のみバス

二審も捜査怠慢認定=「殺害防げた」と賠償命令−箱詰め女性遺体事件・東京高裁(時事通信)

 東京都足立区の新聞販売店従業員寮で2004年1月、段ボール箱に入った小出亜紀子さん=当時(24)=の遺体が見つかった事件をめぐり、警視庁が適切に捜査していれば殺害を防げたとして、遺族が都などに2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は24日、一審同様、捜査怠慢を認めた。賠償額については、請求全額を認めた一審判決を変更し、都に計1000万円を支払うよう命じた。
 柳田幸三裁判長は、小出さんの母親や友人は、元同店従業員の本間直人受刑者(30)=殺人罪などで懲役13年確定=らとのトラブルや、小出さんが泣きながら電話してきたことなどを同庁多摩中央署に伝えていたと指摘。小出さんが死亡する約2週間前には、同署は監禁されている可能性が高いと判断できたとして、「捜査権限不行使は著しく不合理で違法」とした。
 その上で、監禁場所は容易に把握できたとし、「捜査によって解放されれば殺人行為も防止できた」と判断。捜査怠慢と殺害との因果関係も認めた。
 一方、小出さんが監禁場所のアパートに行ってから暴行が始まるまでの間に自ら立ち去れば、被害に遭わずに済んだとして、一審より賠償額を減額した。
 判決によると、本間受刑者らは03年12月から1カ月間、東京都足立区にある元少女(25)=同=のアパートに小出さんを監禁。食事を与えずに暴行を繰り返し、凍死させた。 

【関連ニュース】
裁判員や補充裁判員が質問=「借金知っていたのか」-2人強殺初公判・鳥取地裁
元部下、2人殺害認める=「強盗目的ではない」-遺族が審理参加
女性刺殺、保険代理店役員を逮捕=宮城県警
知人女性を殺害、財布など奪う=強盗殺人容疑で男逮捕
2歳児監禁死、父親に懲役11年=裁判員「つらかった」

3月に女性の健康習慣イベント―厚労省(医療介護CBニュース)
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%−文科省(時事通信)
<掘り出しニュース>1週間以上水なしでも新鮮なバラ 下関で開発(毎日新聞)
小笠原村、父島、母島両島に2800人に避難勧告(産経新聞)
殺意認定「感覚と法律で違った」=殺人未遂判決で裁判員−横浜地裁(時事通信)

私市淳

私市 淳(きさいち あつし、1972年2月23日 - )は、日本の男性声優。東京都港区出身。青二プロダクション所属。身長168cm。血液型はO型。星座はうお座。代表作は『勇者指令ダグオン』(刃柴竜/シャドーリュウ)、『ドラゴンボールGT』(ウーブ)、『星のカービィ』(メタナイト卿)、『Kanon(第1期・ドラマCD)』(相沢祐一)、『流星のロックマン』(ジェミニ)など。経歴・人物平凡な主人公役や純粋な少年などの声の役が多いが、近年では荒々しいキャラクターやルキアーノなど狂人の声を担当する機会も増えてきた。だが基本的には冷静な青年役や温厚なキャラクター、不運に巻き込まれる役の声などをよく担当するようになる。『この醜くも美しい世界』以降は眼鏡をかけたキャラクターの声も徐々に増えてきた(それ以前は意外にも担当したことがあまりなかったという)。野球好き。その情熱からか青二プロダクションの野球部のキャプテンを務めている。自身のブログでもよく話題に出しているだけでなくタイトルも「草野球」が使われている。このチームには皆口裕子なども所属しているという。現在も当時と同じ状況かはわかっていない。その昔、子安武人のラジオに出演した際に、妙なあだ名を付けられたことがある。「きーちゃん」と呼ばれることもある他、ブログにおいては「あっくん」となっている(ちなみに子安とは1996年に『勇者指令ダグオン』で共演したことがある)。また、幼少時代のあだ名は「さきいか」だったという。『水瀬さんち』のラジオに出演の際、30歳を過ぎても未だ両親と同居していることを明かしていた。しかしこれには家庭的な理由があると本人が語っている。現在は不明。幼い頃虐めに近いことを受けていた経験があり、最初は声優になりたいという気持ちより、「自分に自信が持てる」という触れ込みから、当時は今と違ってまだまだ競争率の低かった声優養成所(青二塾)へと入塾、結果トントン拍子に声優としての道を歩むことになった。自分に自信が持てるという触れ込みで声優になったが、実際のトークではどちらかというと控えめな人物である。『水瀬さんち』のラジオにおいて、ゲストとして初出演した際は、『Kanon』という所謂ギャルゲー層中心の番組において、男性キャストである自分がゲストに呼ばれて良いのだろうかと少し不安がっていたが、皆口曰く要望は多かったという。しか

<雑記帳>センバツ出場の東海大望洋を森田千葉県知事が激励(毎日新聞)
<仙台・経営者強殺>別の殺人容疑で4人を逮捕(毎日新聞)
代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに(産経新聞)
参院選にらみ連携=政策協議開始へ−公明、みんなの党(時事通信)
「凛の会」発起人 「自分の罪認める」 郵便不正公判(産経新聞)

<集団暴走>57歳が軽トラで容疑…昔暴走族だったのでつい(毎日新聞)

 偶然見かけた暴走族グループと一緒に軽トラックで集団暴走したとして、愛知県警熱田署などは21日、名古屋市中川区富川町、無職、小山一容疑者(57)を道路交通法違反(共同危険行為)容疑で逮捕した。小山容疑者は「昔暴走族だったので、つい一緒に走ってしまった」などと容疑を認めているという。

 容疑は09年12月26日午前1時10分ごろ、同市熱田区一番の国道1号交差点で、オートバイや原付きバイク計5台と一緒に信号無視するなど危険な走行を繰り返したとしている。

 熱田署によると、捜査員が時速30キロ前後のノロノロ運転で約10分間、道路いっぱいに広がって走っているのを目撃していた。小山容疑者はオートバイなどの暴走を偶然見かけて合流、グループと面識はなかったという。【山口知】

【関連ニュース】
しかり上手のabc:卒業文集への思い=岡崎勝
講演会:不登校や非行、地域の対策知って 中京区で来月6日 /京都
姫路ゆかたまつり:初夏を彩る恒例行事 5年ぶり、3日間開催に /兵庫
社告:元米大統領シェフ・山本秀正さん講演 MMAで18日 /東京
講演:高校中退、不登校の若者にエール−−少年院経験の2人 /福岡

長崎知事選受け自民、「政治とカネ」で攻勢へ 22日から審議拒否(産経新聞)
<埼玉県立大>男性講師を懲戒免職 リポート紛失や採点ミス(毎日新聞)
ジャンプ葛西の地元・下川町、“五輪皆勤賞”表彰へ(スポーツ報知)
コアラにおいしいユーカリを 天王寺動物園 和歌山県日高川町と提携(産経新聞)
「生ぬるい」「絶対無理」…「全面禁煙」通知 遅れる対策(産経新聞)

17政令市がプラス予算=生活保護費、最大規模に−時事通信まとめ(時事通信)

 政令市の2010年度一般会計当初予算案が19日、出そろった。時事通信のまとめによると、4月から政令市になる神奈川県相模原を含めた19市のうち、横浜、静岡を除く17市が前年度を上回るプラス予算を編成。生活保護費の増加や子ども手当の創設などで総額が膨らんだケースが多い。生活保護費は不況に伴う受給者増を見込み、全市が過去最大規模の予算を計上したとしている。
 歳入のうち、地方税は全市でマイナス。景気低迷による法人市民税の落ち込みが響いた。中でも鉄鋼など主要産業の不振で前年度比46.8%減となる川崎など、15市が同税の2けた減を見込んでいる。各市は大幅な税収減を市債発行や基金取り崩しなどで穴埋めしている。
 歳出では、生活保護費の増加や子ども手当の新設に伴い、各市とも扶助費が増加。全19市の生活保護費総額は前年度当初より約1500億円増え、1兆1000億円近くに上った。 

【関連ニュース】
宿泊場所1万7000人分提供=年末年始の困窮者対策実績
子ども手当は無駄削減で=行政刷新相
消費税、方向性提示に慎重=論議は容認
枝野氏、消費税論議に慎重姿勢=「民主公約は破綻」と自民総裁
潜在的国民負担52.3%=財政悪化で高水準に-10年度

【党首討論詳報】(4)首相「消費税の議論、早すぎる」(産経新聞)
五輪フィギュア 高橋選手の母校で後輩ら応援 岡山(毎日新聞)
自民党 衆院すべての審議拒否 支援候補当選は追い風?(毎日新聞)
「借りたカネ」の著者追起訴=不動産会社に脱税指南−さいたま地検(時事通信)
小沢氏不起訴の不服申し立て、盛岡にも(読売新聞)

民主党の民主化は進むか(産経新聞)

【from Editor】

 民主党に言論の自由はあるのだろうか。

 産経新聞は15日付朝刊で、「政治とカネ」「外国人参政権」に関する全国会議員を対象とするアンケートの結果を掲載したが、われわれが注目していたのは、中身もさることながら何人の民主党議員が回答してくれるかだった。

 先月、民主党は総務委員長名で、「アンケートには適切かつ慎重に回答するように」とする文書を全議員に配布している。その後、某メディアが同様の調査をしたところ、ほとんど回答が返ってこなかった先例があるからだ。

 当然、国会議員である以上、実名で答えていただくのが筋ではあるが、小沢一郎幹事長に関する問いもあり、匿名での回答も可能にすることにした。

 しかし、想定の範囲内ではあったが、民主党議員の回答者は、1割未満の40人にとどまった(紙面掲載時は39人だったが、15日に1人が回答)。中には、なぜ自分が答えられないか縷々(るる)説明してくれた議員もおられたが、大半は、たとえ匿名であっても重要な政治課題について自分の意見を明かさず、封印する方を選択した。

 有権者の貴重な一票で選ばれ、立法府の一員として活動している以上、国会議員が堂々と所信を明らかにするのは当たり前の話である。匿名性を確保しなければ不利益を被る可能性が高い企業や役所の「内部告発者」ではないはずである。にもかかわらず、この沈黙ぶりはどうしたことか。そんなに小沢氏と側近グループが怖いのかと慨嘆していたら、「いや、そうでもないですよ」とささやいた与党関係者がいる。

 「民主党にとって不倶戴天(ふぐたいてん)の敵である産経新聞のアンケートに40人も回答していること自体、党内に地殻変動が起ころうとしている予兆なんですよ」とくだんの関係者は言うのだ。小紙にとって民主党が不倶戴天の敵だと思ったことは一度もなく、是々非々の立場から報道しているつもりでいるが、そのことはさておく。

 確かに「政治とカネ」に関する質問で、秘書と元秘書の3人も逮捕された小沢氏に離党を求めた議員はゼロだったが、「さらに事実関係を説明すべきだ」と実名で答えた議員が、山本剛正(ごうせい)氏ら7人いたのは軽い驚きであった。

 この7人の存在が、党内民主化のきっかけとなるか、あるいは予兆だけで終わってしまうのか。今後もじっくりと目を凝らしていきたい。(政治部長 乾正人)

【関連記事】
園部元最高裁判事が衝撃告白、参政権判決「政治的配慮あった」
岡田外相が閣議後の取材を拒否へ 外務省記者クラブに通告
輿石氏、北教組事件の参院選への影響「まあ、ないでしょう」
首相が小沢氏に「お互いに説明尽くす努力を」
「小沢家には『言い訳をするな』の家訓がある」 民主・平野貞夫氏

腎性貧血治療薬の国内フェーズ3試験を開始―武田薬品(医療介護CBニュース)
ホンダ、青木氏が退任し会長は空席に(レスポンス)
「パチンコ必勝法教える」と詐欺容疑=全国で被害5000万円か−茨城県警(時事通信)
トーゴ、SS船籍剥奪(産経新聞)
「疑わしい取引」過去最多=337件の摘発に活用−警察庁(時事通信)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
無料ホームページ
競馬情報
情報商材レビュー
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM