<< <集団暴走>57歳が軽トラで容疑…昔暴走族だったのでつい(毎日新聞) | main | 二審も捜査怠慢認定=「殺害防げた」と賠償命令−箱詰め女性遺体事件・東京高裁(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


私市淳

私市 淳(きさいち あつし、1972年2月23日 - )は、日本の男性声優。東京都港区出身。青二プロダクション所属。身長168cm。血液型はO型。星座はうお座。代表作は『勇者指令ダグオン』(刃柴竜/シャドーリュウ)、『ドラゴンボールGT』(ウーブ)、『星のカービィ』(メタナイト卿)、『Kanon(第1期・ドラマCD)』(相沢祐一)、『流星のロックマン』(ジェミニ)など。経歴・人物平凡な主人公役や純粋な少年などの声の役が多いが、近年では荒々しいキャラクターやルキアーノなど狂人の声を担当する機会も増えてきた。だが基本的には冷静な青年役や温厚なキャラクター、不運に巻き込まれる役の声などをよく担当するようになる。『この醜くも美しい世界』以降は眼鏡をかけたキャラクターの声も徐々に増えてきた(それ以前は意外にも担当したことがあまりなかったという)。野球好き。その情熱からか青二プロダクションの野球部のキャプテンを務めている。自身のブログでもよく話題に出しているだけでなくタイトルも「草野球」が使われている。このチームには皆口裕子なども所属しているという。現在も当時と同じ状況かはわかっていない。その昔、子安武人のラジオに出演した際に、妙なあだ名を付けられたことがある。「きーちゃん」と呼ばれることもある他、ブログにおいては「あっくん」となっている(ちなみに子安とは1996年に『勇者指令ダグオン』で共演したことがある)。また、幼少時代のあだ名は「さきいか」だったという。『水瀬さんち』のラジオに出演の際、30歳を過ぎても未だ両親と同居していることを明かしていた。しかしこれには家庭的な理由があると本人が語っている。現在は不明。幼い頃虐めに近いことを受けていた経験があり、最初は声優になりたいという気持ちより、「自分に自信が持てる」という触れ込みから、当時は今と違ってまだまだ競争率の低かった声優養成所(青二塾)へと入塾、結果トントン拍子に声優としての道を歩むことになった。自分に自信が持てるという触れ込みで声優になったが、実際のトークではどちらかというと控えめな人物である。『水瀬さんち』のラジオにおいて、ゲストとして初出演した際は、『Kanon』という所謂ギャルゲー層中心の番組において、男性キャストである自分がゲストに呼ばれて良いのだろうかと少し不安がっていたが、皆口曰く要望は多かったという。しか

<雑記帳>センバツ出場の東海大望洋を森田千葉県知事が激励(毎日新聞)
<仙台・経営者強殺>別の殺人容疑で4人を逮捕(毎日新聞)
代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに(産経新聞)
参院選にらみ連携=政策協議開始へ−公明、みんなの党(時事通信)
「凛の会」発起人 「自分の罪認める」 郵便不正公判(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • 00:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
無料ホームページ
競馬情報
情報商材レビュー
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM